So-net無料ブログ作成
So-net無料ブログ作成

加護亜依の衝撃的な生い立ち!母の亜樹さん画像あり! [加護亜依 生い立ち]




スポンサードリンク





今回は加護亜依さんの母親である「加護亜樹」さんについて書きます!

加護亜依さんの生い立ちを綴った記事はこちら→「加護亜依の生い立ちに迫る!吉田豪との関係性は?


加護亜依さんの母親である加護亜樹さんは10代の頃に結婚。
この頃で10代で結婚っていうのは結構早いですよね!!


ですが、亜依さんが1歳の頃に離婚しています。
噂ではその離婚した亜依の実の父親は覚醒剤での逮捕歴があるんだとか。

シングルマザーとなって娘を一生懸命育てました。


亜依さんが小学校5年生の頃、亜樹さんは再婚


その再婚相手との間に3人の子供を授かり、亜依さんは4人弟妹となります。

亜依さんの当時の推定年収は4000万円
これほどまでに貰っていても、足らず最初の喫煙事件の直前には加護の実家に数万円しか残っていなかったんだとか。


「事務所から金を借りられないか?」と相談したこともあったと亜樹さんは告白。
相当切羽詰まってたんでしょうね。。親が子供にこんな事を言うのは相当ですよね。


そしてこんなエピソードもあります。

亜依さんが17歳のとき引越しをするために、新しい家具を買い揃えようとしたんです。
当時、親からお小遣いすらもらっていない状態だったそう。
しかし、自分で働いたお金で、自分の好きなものを買って、それを大事にしたいと思うようになった。

当時亜依さんは、自分で稼いだお金のほとんどを貯金しており、そのため奈良に住んでいた母親に相談し、
その貯金からお金を出してくれるように頼んだ。


次の日母親の亜樹さんに言われたのが『通帳にお金の残高がない』という、驚きの返事。
何回もお母さんは残高を確認したそうですが、、、

結局、父親が貯金に手をつけていたんですね。。。

親戚の借金の保証人になった、という説明だった。


この時亜依さんの自叙伝にはこう記しています。
「私が数千万円稼いだのに、その貯金からお父さんが勝手にお金を引き出した。理解するには時間がかかりました。 家族だから私のお金が必要なら使ってもいい。だけど、ちゃんと相談をしてほしかった。お母さんは知らなかったのか。 もし知っていたなら、どうして私に言ってくれなかったんだろう。疑問に思いました。引越しのことは数ヶ月も前 からお母さんに相談していたのに、お金がなくて引越しできそうもない。納得がいきません」 物心ついたときから母親に育てられた(父親は再婚相手)。母親が消えた貯金のことを知っていたのかは、わからない。 だが、このことがきっかけで、加護は母親にまで「裏切られたかも」と感じた。

こんな風にして亜樹さんは亜依さんからの信用を失ってしまいます。

わずか10代でこれだけの大金をあっさり親族に使い込まれるなんて
人間不信になりますよね。。恐ろしい出来事です。


加護亜依さんのオフィシャルブログでは現在母親に対する
感謝の気持ちや優しさが綴られているので、きっとこの「裏切られた」という
感情はもう亜樹さんに抱いてはないのかな?と思います。


そこまで信頼を回復するように亜樹さんも努力したんだと思いますが。



亜樹さんは子供が4人もいるように見えないってことでかなり話題になりましたよね!!
それだけ若くて美人なんです。


まあ、考えてみれば10代で亜依さんを産んでますから、まだまだ全然若いですもんね。


亜依さんがヌード写真集を出すタイミングで母親の亜樹さんにも「親子で!」と持ちかけたそうですが
それは断られたそうです。笑






一体どんな容姿なのか気になりますよね??
では写真をお見せしましょう★

20140602_kagoai_43.jpg
引用元:http://www.officiallyjd.com/archives/362606/20140602_kagoai_43/


本当に綺麗ですね!!
たしかに4人も子供がいるようには見えません!
やはり亜依さんの雰囲気がどことなくありますよね☆


亜樹さんの写真集も少し期待したかったですけどね!笑


スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。